マインドセット

真の成功者になるための方法

今回はメンターから学んだ大事な事をお伝えしたいと思います。

 

本当の成功者とはすべてに感謝して

人に与え続けることが出来る人だと言います。

アメリカの自動車会社フォード・モーターの創設者

であるヘンリーフォードはこう言っています。

成功は与えることである

 

ただ、与えるという事を難しいと感じる人が

この世の中にはたくさんいるのも事実です。

 

どうして難しいのかというと、

自分が何も与えてもらっていないと思っているからです。

言い換えれば「欠乏マインド」とも言えるのです。

 

その欠乏マインドは一体どのようにして

植え付けられたのか分かりますか?

 

意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

実は最初に親から植え付けられているのです。

 

幼い頃に親から十分な愛情をもらえなかったから

いい恋愛ができないのだとか

両親がお金のことでいつも言い争っていたから

お金で苦しんでいるのだとか

自分の望む人生を送れないのは

潜在意識ですべて親のせいだと

思っているのです。

 

「親がもっと◯◯してくれていたら

◯◯だったのに」

悲劇のヒロインを演じて

その思いを死ぬまで抱えて親を恨みながら

人生を終える人がとても多いそうです。

 

でも、良く考えてみると

親になるための試練なんて誰も受けていません。

親だって一人の人間であり、

完璧な存在ではありませんよね。

 

では、どうしたら自分の人生を良く出来るのかというと

「親をゆるす」

ことが必要なのです。

 

人生の学びの中で、親との関係は一番大変です。

私自身もそうでした。

親との関係を整理することで

本当の意味で自分の人生を生きられるようになります。

 

恨み続けていても、何も変わらないですよね。

あの時の自分の感情に蓋をするのではなく

きちんと向き合って感情にケリをつけるのです。

 

自分の不幸を親のせいにしていても

絶対にそれでは良い人生を送れません。

だから

自分のためにゆるすのです。

もう一度言います

自分のために、ゆるすのです。

 

自由とは心の中にわだかまりがない状態です。

本当の自分を取り戻し、豊かな心で生きていけば

自然と人に対して与えられるようになります。

私にとって、メンターこそこの言葉にふさわしいお方だと思います。

本当の成功者とはすべてに感謝して人に与え続けられる人のことである

あなたがまだ子供のころの苦い思いを持ち続けて

親をゆるせていないとしても

きっといつか親をゆるすタイミングがやってきます。

 

真の与える人になって、成功者としての学びを

クリア出来るよう私もお祈りしています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-マインドセット

© 2020 今野さえりのブログ