スピリチュアル

スピリチュアルセミナーに通って逆に自分を追い込んでしまいました

こんにちは。今野です。

見えない世界に興味を持つと、人生で一度は

「自分って何者?」という問いに行き着くのではないかと思います。

6年間あるスピリチュアルセミナーに通い、

長い間自分探しを経験して気づいたことを

皆さんにシェアしたいと思います。

 

見えない世界はまるで魅惑的な迷路のように

私の思考を捕らえて、その迷路の中でグルグル

回ることを強いるものでもありました。

 

自分探しという麻薬

見えない世界や不思議な世界に導かれたわたしは、

「あれ?もしかしたら本当の自分って

他にいるんじゃないかしら?」

と別の自分を探しに出かけました。

 

はじめのうちは今まで知らなかった世界のことを

知ることが楽しくて、もっと知りたいもっと深く

掘り下げたいと本やセミナーなどで情報を集めました。

 

あたかも自分は世の中の真実を知ったような

錯覚に陥って、何か自分には特別な才能があるのではないか。

とんだ勘違いをしてしまいました。

 

現実的な世界から遠く離れているような

フワフワと気持ちが定まらない状態になり、

日常生活に何も喜びを感じられなくなっていました。

 

今にして思えば「自分探し」の旅に出たつもりが、

「自分探しという麻薬」をやめられなくて

もがいている状態だったのだと思います。

 

不足感は無価値感

誤解があるといけないのでお断りしておきますが、

スピリチュアルや自分探しを否定したり、

間違っていると言っている訳ではありません。

 

今でもスピリチュアルな世界の話が大好きですし、

今でも学びは継続中です。

 

間違った「自分探し」は魅惑的な迷路のようなものです。

 

迷い込んだ迷路の中で「この道はきっと本当の自分や

真実につながっているはずだ」と信じて疑いませんでした。

 

私がセミナーを受講していたのは15年ほど前のことですが、

当時はまだスピリチュアルや宇宙の法則などは

興味を持つ人が今ほど多くはなく

世間的にはあやしいオカルトみたいな扱いをされる分野でした。

 

どうすれば苦しさから抜け出せるのかを模索して、

とにかく幸せになりたいと思っていました。

 

逆に幸せになりたいというのは

「私は不幸です。なんとかしてください。」という

無価値感、不足感」から出てくるマイナス思考と同じです。

 

結局のところ自分自身が不足感を脱することができていないので、

不安や無価値感や恐れによって創り出される現実が

よくなることはありませんでした。

 

すべてムダではない

「日常のすべてに感謝して瞬間瞬間を大切に生きること

ができれば一瞬で幸せになれて自分の道が開けていく」

 

私が辿り着いたのはここでした。

 

スピリチュアルセミナーに通っても、

本を1,000冊読んでも、

不足感を持ったままでは自分探しに

終止符は打たれないとわかりました。

 

自分には才能がない、病気への不安がある、

コミュ障で人間関係がうまくいかない、

お金がないなど自分には価値が無いから幸せになれない

と思い込んでいると、、、

 

無い無い尽くしのエネルギーを出し続けることになり、

結果として負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

では負のスパイラルから抜けるにはどうすればいいのでしょうか。

 

まずは騙されたと思ってこうしてみてください。

上手くいかないことや悩みがあったら、

それをいったん脇に置いて身の回りのすべてに

感謝して過ごすことを意識してください。

 

アンデルセンという有名な童話作家の言葉です。

「私の今までの生涯には、晴れた日も曇った日もあった。

けれども、すべては自分のためになったのである。」

 

悩むということは必ず答えがあるということなんです。

物事はコインの裏と表のように表裏一体です。

 

良質な情報から学び、波動が整い準備が出来た人は、

タイミングよく、しかるべき時に必ず道が開けて行く

ということをメンターとの出会いで理解しました。

 

地に足をつけて生きることができるようになると、

苦しんだことも悲しい出来事も

自分の魂の成長には欠かせないものだったと

気がつく時がきます。

 

道の先には魂の成長に応じた情報がもたらされ、

悩みは解決へと向かい、別次元で捉えることが

できるようになっていくのです。

 

誰から学ぶかで明暗を分けます。

見極めるセンスを磨くためには本物から学ぶ必要があります。

 

目醒めの扉の向こうには

真実のあなたの世界が広がっていますよ

 

 

-スピリチュアル

© 2020 今野さえりのブログ